デジタル遺品処理オプション

デジタル遺品とは・・・

亡くなった人のインターネット上のデータ、パソコン・スマートフォンに遺されたデータのことをデジタル遺品と言います。
現代は世界が2つあります。一つは目に見えるリアルの世界。もう一つは、インターネット上のバーチャルの世界があり、本人しか知らない取引や人間関係が動いています。
システム化やデジタル化が急速に進み、スーパーに行かなくても買い物が出来たり、飛行機に乗らなくても遠方の友達とスカイプやLINEで顔を見て話が出来ます。
高齢者もスマートフォンの利用率が高まり、いまや年齢に関係なく誰もがインターネットを使い便利な生活をしています。
亡くなると、目に見えるリアルな物や事でも遺族は処理や整理をするのが大変ですが、インターネット上のバーチャルの物を把握し処理をしなくてはならない遺族は非常に困難な問題に苦しむ事になります。インターネット銀行口座があるを遺族は知らないままという事もあります。
また、大切な家族との思い出の写真や子供の成長記録などが取り出せない。データの処理がされずに家族が目にして悲しませた。などデジタル遺品の問題が多くなってきています。

〖デジタル遺品〗

💱 インターネット銀行口座・FX

通帳が無く遺族が分からず相続していない。

✉SNS LINE・Facebook・Twitter・ブログ

スパム乗っ取り、成りすましの被害。ネット上に情報が世界中に広がり永久的に残る。

💻 PC内の写真・重要書類・顧客リスト

ロックがかかっていて確認できない。

🎮 ネット会員、ゲームやアプリケーションのアカウント

使用料会費の引き落とし。アイテムの売買などで金銭トラブル。

👜 ネットオークション・ネットショップ

取引の未完了や料金未払いなどのトラブル。

📒 個人情報(連絡先・パスワード)

データ流出。クレジット・パスワード個人情報を盗まれ悪用される。

〖デジタル遺品問題の対策〗
① インターネット取引、デジタルデータの一覧表作成し、死亡時や認知症などの意思のコントロール不能時の処理方法を記載しておく
② IDやパスワード情報の管理表作成
③ 死亡時や認知症など意思のコントロール不能時に、誰に処理を依頼するのか決めて頼んでおく
④ 死亡時連絡先を作成しておく
⑤ ①~④をエンディングノートに記載しておく
⑥ エンディングノートを誰に渡してもらうのか決めておく

〖エルノート®デジタル遺品処理サービス 〗

① SNS(LINE・Facebook・Twitter・ブログ)の閉鎖
② Webエンディングノート エルノート®のお届け

〖エルノートⓇデジタル遺品処理サービス〗
①SNS(LINE・Facebook・Twitter・ブログ)の閉鎖
②Webエンディングノート エルノートⓇのお届け

さらに詳しい説明はこちら。
オプション料金
月額999円
(初回登録料10000円税別)
デジタル閉鎖時に、5000円/デジタルの処理費用がかかります。

投稿日:

Copyright© 株式会社ウィッシュレーン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.