おひとりさま終活士協会

~おひとりさま終活士協会からのごあいさつ~

未婚率の増加、核家族化、少子化により、ひとりで暮らすシニアや高齢者が増えています。病気になった時、認知症になった時、亡くなった時は必ず誰かのお世話が必要になります。おひとりさまが元気な時には、自分の力で何でも出来た事が出来なくなった時に、備えておかなければ取り返しのつかない事があります。
人生100年時代の、おひとりさまの病気、認知症、介護、死亡時を含めたライフプラン、エンディングプランの作成、また、おひとりさま支援に必要な契約についてのアドバイザーが必要とされる時代となっています。
おひとりさまが生涯安心して生きていけるように、事前の備えの必要性を啓蒙していくこと。備えを行うアドバイスをすること。寄り添う支援を行うこと。おひとりさま終活士は、おひとりさまに安心をお届けできる終活と支援の専門家として、おひとりさま、地域、社会に貢献することをミッションとしています。

おひとりさま終活士協会
運営 株式会社WishLane
代表取締役 大和泰子
(本名:茂木康子)

*おひとりさま終活士協会は、株式会社WishLaneが運営しています。

おひとりさま終活士とは

おひとりさまのライフプランと終活の知識、終活支援の知識 終活支援の選び方、プランニング作成の知識を学び、 おひとりさまのニーズや人生設計に沿った総合的なアドバイスと 解決策を提供できる支援の専門家です。

おひとりさま終活士が支援する「おひとりさま」とは

支援が必要なおひとりさまは、独身者(未婚・離婚・死別)だけでなく、一人暮らしの人、将来一人で暮らす可能性がある人、実質一人(配偶者が介護状態など)で生活している人を含みます。

おひとりさま終活士の活動の例

おひとりさまの相談

 おひとりさま・おふたりさま(お子様のいないご夫婦)の将来の不安や手続きや契約についての相談にのったり、終活支援の活動

おひとりさまの終活や支援の専門家の紹介

 おひとりさまや親御さんの終活(施設探し・実家の売買や活用・葬儀や埋葬)、遺言や後見など実際に専門家を探すお手伝いやアドバイザーとして活動

セミナー講師

 終活・おひとりさまの終活・相続などのセミナーを開催したり、エンディングノートの作成講座などの地域自治体での講師として活動

終活のアドバイス

 亡くなった時の手続き、エンディングノートについて、病気や介護の時のリスク対策と備えなど、終活についてのアドバイザーとして活動

生涯設計のアドバイス

 お金や住まい、どんな人生を歩みたいのか、人生100年時代の人生設計のプランニングを作成して、生涯安心のプランニングやアドバイザーとして活動

上級おひとりさま終活士の収入の例

更新日:

Copyright© 株式会社ウィッシュレーン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.