ウィッシュレーン活動報告

延命治療を看護師と考える判断の時。エンディングノート作成セミナー報告。

投稿日:

みなさんこんにちは本日はエンディングノート作成講座のご報告です。

延命治療

ウィッシュレーン大和 泰子
延命治療しますか? セミナー開始時の参加者の答えはお一人以外全員が「しません。」でした。 いつもエンディングノート作成講座をする度に質問しますが、「延命治療しません」とほぼ100%の方が即効で回答されます。 でも私は、いつもここに疑問を感じていました。これでいいのだろうか。 どのエンディングノートにも、必ず「延命治療について」の意思を記す事項があります。 でも本当に延命治療をしなくていいのでしょうか?

医療の現場の意識と患者側、患者の家族側の意識の差

実は、「延命治療」は意識が戻らない寝たきりの状態で行う、人工呼吸器装着や人工栄養増設だけではありません。
医療の現場の意識と患者側、患者の家族側の意識には差があります。

そして、本人が延命治療をしない。と決めていても、実際の現場では、この判断を決めるのはほとんど家族という現実。
最終的には、家族は、延命治療をして下さいとお願いする事が実は多いのです。

延命治療に対する具体的な解決策はあるのか?

では、どうしたらいいのでしょうか?
元気なうちに3つの準備が必要です。

延命治療とは、どんな治療があるのか?

どこからが延命治療なのか?を知っておく。

意思を家族に伝えて、家族の意思も聞いて話し合う。

今の意思を記して残す。もしもの時に意思が伝わるように誰かにお願いしておく。

本来、最期まで自分らしく在る事、死を迎えるまでの過程、どんな最期にする為の治療の選択は、自分で決める権利があります。
でも、自分で意思決定出来なくなったら、
家族に任せる。医師任せると言う方は非常に多いです。この命を預けるという事が、本人にとって苦しむ事になるかもしれません。

自分も家族も苦しまない為に、今3つの準備をしておきましょう。

セミナー最期に、延命治療しますか?と質問しましたら、
「します!」と答えたかたがほとんどになりました

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-ウィッシュレーン活動報告

Copyright© 株式会社ウィッシュレーン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.