ウィッシュレーン活動報告

ふじみスマイルの会主催 埼玉県エンディングノート作成講座

投稿日:

ウィッシュレーン大和 泰子
12/10に埼玉県で、ふじみスマイルの会主催ハッピーエンディングの為のエンディングノート作成講座を開催しました。 今回もセミナー報告をいたしますね♪

「まだまだ私には関係ないと思ってた」

今回のセミナー参加者の年代は、50代~70代の方々でした。
その中でも50代の参加者様が80%でしたので、エンディングセミナーとしては若い人達が多かったです。

皆さま若いという事もあり、実際にエンディングノートを手にした事がある方は1人でした。

皆さんの参加の理由を見てみると。

エンディングノートというものについて初めて聞いた。
勉強の為に聞いておこうと思った。
将来の為になると思った。

というのが参加理由です。

「まだまだ、先の事で私には関係ない」と思っているかたが多い印象でした。

ハッピーエンディングカードによるワークショップも行いました。

リスク診断カード

みなさんのハッピーエンディングガードによるリスク診断の結果は、次のようになりました。

準備していない第2位は、「葬儀、相続について」
第1位は「医療、介護、終末について」という結果でした。

もしも病気になった時や亡くなった時では遅く、その時が来た時には意思も意向も伝えられず、もうどうにもなりません。

家族が判断して行うしかありませんが、「家族がやってくれるはず」や「家族に任せるから大丈夫」と思っているので、実際には準備すらする気がない人が多いのが現状です。

現代は、個人のプライバシーが守られ、個人が自由に選択して生きていけます。
全て自分の責任で、自分で何とか出来るものについては、個人の自由で行えば良いのです。

自由は責任が伴いますが一旦動けない状態になった時、意思が伝えられない状態になった時は、どのようにしておけば、周りを悩ませないのか、迷惑をかけないのか考え、準備しておくことが責任だと思います。

今回の参加者からのアンケートでは、「何を準備すればいいのか具体的にわかった」「リスクとはどんな事があるのか分かった」「年齢関係なく、エンディングノートは必要だという事が分かりました」との声が聞けてよかったです。

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-ウィッシュレーン活動報告

Copyright© 株式会社ウィッシュレーン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.