ウィッシュレーン活動報告

西武信金池袋支店のエンディングノートセミナー活動報告

更新日:

ウィッシュレーン大和 泰子
エンディングノートを準備するワークショップを行いました。 今回は、その時の活動報告とエンディングノートの必要性について記事にさせていただいております。
人生の最後10秒だけ意識が戻ったら98%の人がする事は?

人は、いつまでも元気にいたいと思うので
「事故、病気、死」など、もしもの事は考えたくないものです。

でも、それはいつあなたの身に訪れるかだれもわかりません。
このようなことを考えること自体、抵抗がある人もいると思いますが、もしもの事をイメージしていただく事で、何が自分にとって大切な事か分かることも多いのです。

「いま、人生の最後となり10秒だけ意識が戻ったらどうしますか?」

この質問に98%の人は、同じ答えが返ってきます。

「最愛の人に、感謝の気持ちを伝えたい」

最期はやはり、最愛の人に看取られて「ありがとう」を言うとほとんどの人が思っています。

でも、

現実は最期の瞬間に最愛の人に会えない…
またはしゃべれない…
意識が戻らない…

という場合が実は多いのです。

だとしたら、あなたはどうしますか?

私たちは、そうなる前にエンディングノートにあなたの意思を記しておくべきだと思います。
必ず伝わるように準備しておく。

それは、いつ?

なかなか自分からそのような機会を持つことは難しいですよね。
我々ウィッシュレーンではエンディングに関するセミナーも定期開催しております。

興味のある方、詳しく話を聞いてみたい方、相談したい方など。
個人様法人様問わず、お気軽にお問合せいただければとおもいます。

セミナーの風景写真

ウィッシュレーン土屋 福美子
今回は、男性の参加が多いワークショップになりましたが、皆さん最期に残すメッセージを真剣に書かれていました。

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-ウィッシュレーン活動報告

Copyright© 株式会社ウィッシュレーン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.